2015年02月26日

「問答有用」と「百見は一動にしかず」 | オンリーワンスクール西宮北口教室

これまでビジネスの世界の第一線で
活躍されている多くの方々と一緒に仕事をしてきましたが、


それらの方々は何故活躍できているのか?


それは結構単純なことで、
ご家庭の方針なのか、
ある時自分で気付いたのかは様々ですが、


幼い頃から「社会をたくましく生き抜く力」を養って来ている
ということが共通するなーと肌感覚を持って感じます。


才能に恵まれていたからとか
家庭が裕福であったからとか
そんなことではなく、
ちょっとした教育の方向性の違いだけだと思います。


日本のこれまで流れてきた文化にただ単に流されない、
先を見た決断をどこかのタイミングでされたんだと思います。


では、
本日もオンリーワンスクール代表松保の関連する記事を
下記に転載します。


オンリーワンスクール西宮北口教室長 長宗 誠


==================================================-
「問答有用」と「百見は一動にしかず」
==================================================-

オンリーワンスクールでは、小学生から「しっかり聞くとは?」「しっかり見るとは?」など、しっかりと物事をとらえる為のレッスンを行なっています。


この、「見る」「聞く」に関連して、中国の漢書の中に、百回人の話を聞くより一回見て確かめたほうが良いという有名な「百聞は一見にしかず」のことわざがあります。実は、この漢書には「百聞は一見にしかず、百見は一考にしかず、百考は一行にしかず」とあり、見る、考える、行うを三位一体で実行することが重要だと記されています。


しかし、日本では、なぜか「百聞は一見にしかず」の「見ればわかる」が強調され、「考え、行えばわかる」を軽んじているように思えます。特に、人間関係はじっくりと話したり行動を共にすることで少しずつわかるわけで、むしろ肩書や学歴などを「一回見ても本質はわからない」わけです。


これについて私は、相手の考えをしっかり聞かず新しい挑戦にも否定的な日本の時代劇でおなじみの「問答無用」の精神が少なからず影響しているのではないかと考えています。そもそも、「問答無用」が通用するなら個性や対話は必要なく忍耐力があればいいのですから・・・。この考える力や対話力の軽視は、入試・就職で行われる面接や多様な対人関係を苦手にさせ、めぐりめぐって社会不適応の若者を生んでいる原因でもあります。


これらについての私見ですが、1つは、お上の指示に従うことを良しとし、自分事として、考えさせ、納得させる政策や教育を推進してこなかったいわゆる官尊民卑の名残ではないかという点です。例えば、税金の無駄遣いや一連の年金問題、画一的で権威主義的な教育などにもそれを感じますし「何の為に生きるか?」「真の豊かさとは何か?」などの大切な哲学観や人生観の希薄さにもつながっている気がします。


2つ目は、失敗を恐れる完璧主義や前例主義の踏襲が強く、新しいことに対して「まず動く」ことに消極的だったのではないか?という心理的側面です。これらから、私は「問答有用」と「百見は一動にしかず」のことわざがあればいいなと考えています。


ホンダの創始者である本田宗一郎氏に「やってみもせんで!」ということばがあります。世間では、何かに挑戦する時に、難しい、無理だ、できないなど、マイナス思考の発言をよく見聞きしますが、まずやってみて、失敗しながら考え、話し合い、改善・改良を重ねた人だけが成功に近づけるのではないでしょうか?


このように、私は「問答有用」の対話と「百見は一動にしかず」の行動力が自立した人物を育てるヒントになるのではないかと考えているところです。


オンリーワンスクール 代表 松保 利宗

==================================================-


☆西宮北口教室の情報は下記をご覧ください☆
http://only1schoolnishikita.ko-co.jp/e287130.html

☆オンリーワンスクールHP☆
http://www.onlyone21.net/



  


Posted by only1school  at 12:02Comments(0)子育て

2015年02月25日

「大阪大学のAO入試導入」から伺えるこれからの子育て | オンリーワンスクール西宮北口教室

こども達を取り巻く教育環境が変われば、
学習方法も変化していきます。

この教育環境の変化にまずは親御様が気付いてあげなければ、
旧態依然とした学習方法を従順に進めてしまい、
将来こども達は急にハシゴを外されることになってしまいかねません。

本日は大阪大学の例をもとに
受験環境がじわじわと水面下で変化しているという
一例をお伝え致します。

まずは、
この変化を是非知ってあげてください。

西宮北口教室長 長宗 誠

============================================


 東京大学、京都大学が2016年からAO・推薦型大学入試を導入するのに続き、大阪大学も2017年入試から全学部でAO型入試を導入するとのことです。募集定員は300人を超える予定で、全入学定員約3,200人の1割程度に相当する模様です。これまでの国公立大のAO入試定員と比較すると、今回の募集定員はかなり多く、大きく入試改革をしようという意図が見えます。


 そもそもAO入試とは、面接や作文・小論文・レポートなど、受験生の多様な能力や考え方を総合的に評価する入試で、ひとりひとりの個性を重視する入試です。2020年をメドにセンター入試が廃止され、各大学の2次試験の多くが面接・小論文などのテストを課すようになる国の大学入試改革を受けて、大阪大学もその準備に入り始めたのではないかというのが私の見方です。


 つまり、2020年にいきなり大学生へ面接・小論文のテストを始めることはリスクが大きいので、少しずつノウハウを蓄積してスムーズに2020年の移行に備えようという考えではないでしょうか?


 このように、大阪大学だけではなく、他大学も今後、AO入試へ移行し募集定員を増やしていくことが予想されます。つまり、自分の希望する大学がAO入試型になっていくことを予想し、これから大学をめざす学生は具体的な学習内容を準備していく必要があるということです。


 具体的には、面接に対する対策、小論文に対する対策が筆頭にあげられます。まず面接ですが、以前にも書いた通り、面接は本番前の数か月前、数週間前に付け焼き刃で練習するものではありません。面接は、小さい頃からどのように考え、どのように行動してきたか?また、そこから何を学んだか?それを今どのように活かしているのか?などを、自分のことばで素直に述べる力が必要です。


 従って、小さい頃からの積み重ねが面接本番に出てしまうもので、簡単に一朝一夕に形成されるものではないのです。そこをよく理解した上で、今後の子育てを考える必要があると私は考えています。


 一方の小論文については、ひとつのテーマについて、自分がどのように考えるか?論を立てるか?などを、事実をふまえて述べる力が必要となります。この小論文のテーマには、何が出題されるかわからないわけですから、小さい頃から社会やニュースなどについて関心を持たせ、把握させながら、自分の意見を考えさせる習慣が大切となるでしょう。


 これらのことから、面接・小論文に共通する対策は、保護者が子どもの小さい頃から、人間との対話や社会、ニュースなどに関心を持たせ、自分の考えを言え、書けるようにしておくということだとわかります。大きく日本の教育や入試が変わろうとしている今日、これからの子育ての考え方や方法もそれらに対応できるよう具体的に考え行動することが私たち大人に求められているようです。


オンリーワンスクール 代表 松保 利宗


==========================================================
西宮北口教室の教室情報はコチラをご覧ください
過去の記事一覧はコチラをご覧ください
西宮北口教室のFacebookページはコチラをご覧ください
オンリーワンスクールのHPはコチラをご覧ください
==========================================================




  


Posted by only1school  at 12:53Comments(0)受験

2015年02月22日

※追加開催決定※【これからの子供達の教育を考えるフォーラム】同時開催:オンリーワンスクール西宮北口教室 無料説明会

ご要望を多くいただきましたので、追加開催を決定致しました。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
【第3回】2015年3月3日(火)17:30~19:00
【第4回】2015年3月3日(火)19:30~21:00
【第5回】2015年3月10日(火)17:30~19:00
【第6回】2015年3月10日(火)19:30~21:00
【第7回】2015年3月17日(火)17:30~19:00
【第8回】2015年3月17日(火)19:30~21:00
【第9回】2015年3月24日(火)17:30~19:00
【第10回】2015年3月24日(火)19:30~21:00

※全回同内容です。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

こども達を取り巻く社会環境が移り変われば、
その社会の中で求められる能力も勿論変わっていきます。
さらに、社会で求められる能力が変わるということは、
その能力を伸ばすための教育方法も変化してきます。


そこで、この「これからの子供達の教育を考えるフォーラム」では、

・社会とそれに伴う教育環境がそれぞれ今後どのように変化していくのか
・その社会ではどのような能力が求められるのか
・その能力を伸ばすにはどのような教育方法が適しているのか

等について
少しでも知って戴き、そして考えて戴く機会となればと考えています。


※「フォーラム」という言葉を使わせていただいたのは、
一方的な説明で終わりたくないという想いからです。
参加者のみなさまの色々な意見も聞きながら全体として有意義な場になればと考えております。


また、これからの社会変化を踏まえた上での教育方法として、
広島、鳥取、岡山、兵庫で10年以上の実績がある
5歳から18歳までの一貫教育スクール「オンリーワンスクール」が、
どのような考えでどのような教育を実施しているのかも併せて具体的にご説明させていただきます。
これからのお子様の教育の参考になれば幸いです。

※西宮北口教室は2014年11月に開校しました。

※オンリーワンスクールHP
http://www.onlyone21.net/


【日時】

【第3回】2015年3月3日(火)17:30~19:00
【第4回】2015年3月3日(火)19:30~21:00
【第5回】2015年3月10日(火)17:30~19:00
【第6回】2015年3月10日(火)19:30~21:00
【第7回】2015年3月17日(火)17:30~19:00
【第8回】2015年3月17日(火)19:30~21:00
【第9回】2015年3月24日(火)17:30~19:00
【第10回】2015年3月24日(火)19:30~21:00

※全回同内容です。
※全回定員を4名とさせて頂いております。


【内容】
・これからの社会を生き抜く上で必要な学力とは何か?について
・社会の変化と、それに伴う教育環境の変化について
・これからの社会で必要となる能力・ものの考え方について
・一つの具体的教育方法としてのオンリーワンスクールの説明

※一方的な説明で終わるのではなく、みんなでワイワイと話合いながら進めていきます。


【参加費】
無料です(お誘い合わせの上、お越し頂けると嬉しいです)


【場所】
オンリーワンスクール近畿事業部 西宮北口教室
西宮市甲風園1丁目8-11 エビータの森1F
(阪急西宮北口駅から徒歩3分)

>>地図


【申込み方法】

・TEL:070-5663-7787
・Mail:nagamune@innovators.co.jp

担当:長宗(ながむね)までご連絡ください。


【主催】
オンリーワンスクール 近畿事業部 西宮北口教室

===================================================

☆西宮北口教室の情報は下記をご覧ください☆
http://only1schoolnishikita.ko-co.jp/e287130.html

☆オンリーワンスクールのHPは下記をご覧ください☆
http://www.onlyone21.net/


  


Posted by only1school  at 13:27Comments(0)お知らせ

2015年02月19日

【これからの子供達の教育を考えるフォーラム】オンリーワンスクール西宮北口教室 無料説明会

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
【第一回】2015年2月24日(火)17:10~18:40
【第二回】2015年2月24日(火)19:10~20:40

※第一回と第二回は同内容です。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

こども達を取り巻く社会環境が移り変われば、
その社会の中で求められる能力も勿論変わっていきます。
さらに、社会で求められる能力が変わるということは、
その能力を伸ばすための教育方法も変化してきます。


そこで、この「これからの子供達の教育を考えるフォーラム」では、

・社会とそれに伴う教育環境がそれぞれ今後どのように変化していくのか
・その社会ではどのような能力が求められるのか
・その能力を伸ばすにはどのような教育方法が適しているのか

等について
少しでも知って戴き、そして考えて戴く機会となればと考えています。


※「フォーラム」という言葉を使わせていただいたのは、
一方的な説明で終わりたくないという想いからです。
参加者のみなさまの色々な意見も聞きながら全体として有意義な場になればと考えております。


また、これからの社会変化を踏まえた上での教育方法として、
広島、鳥取、岡山、兵庫で10年以上の実績がある
5歳から18歳までの一貫教育スクール「オンリーワンスクール」が、
どのような考えでどのような教育を実施しているのかも併せて具体的にご説明させていただきます。
これからのお子様の教育の参考になれば幸いです。

※西宮北口教室は2014年11月に開校しました。

※オンリーワンスクールHP
http://www.onlyone21.net/


【日時】

【第一回】2015年2月24日(火)17:10~18:40(質疑応答含む)
【第二回】2015年2月24日(火)19:10~20:40(質疑応答含む)

※第一回と第二回は同内容です。
※第一回・第二回ともに定員を4名とさせて頂いております。


【内容】
・これからの社会を生き抜く上で必要な学力とは何か?について
・社会の変化と、それに伴う教育環境の変化について
・これからの社会で必要となる能力・ものの考え方について
・一つの具体的教育方法としてのオンリーワンスクールの説明

※一方的な説明で終わるのではなく、みんなでワイワイと話合いながら進めていきます。


【参加費】
無料です(お誘い合わせの上、お越し頂けると嬉しいです)


【場所】
オンリーワンスクール近畿事業部 西宮北口教室
西宮市甲風園1丁目8-11 エビータの森1F
(阪急西宮北口駅から徒歩3分)

>>地図


【申込み方法】

・TEL:070-5663-7787
・Mail:nagamune@innovators.co.jp

担当:長宗(ながむね)までご連絡ください。

※Facebookページで参加ボタンを押していただくことでも可能です。

第一回:https://www.facebook.com/events/362056867328850
第二回:https://www.facebook.com/events/712185098899331


【主催】
オンリーワンスクール 近畿事業部 西宮北口教室

===================================================

☆西宮北口教室の情報は下記をご覧ください☆
http://only1schoolnishikita.ko-co.jp/e287130.html


  


Posted by only1school  at 20:23Comments(0)お知らせ

2015年02月18日

なんで勉強するの? | オンリーワンスクール(兵庫県)西宮北口教室

本日はオンリーワンスクール創設者の
松保 利宗の記事を転載致します。
(今後も重要なトピックに関しては時折転載致します)

みなさんも、こども達に対して「勉強しなさい」と言うことがあると思います。

ただ、
みなさん自身が『そもそも何のために勉強するのか?』を
十分に理解した上でこども達に「勉強しなさい!」とおっしゃっていますか?

もしよくわからないままおっしゃっていることがあれば
是非ともご覧いただきたいと思います。

===================================================

私がオンリーワンスクールを運営していて子ども達からよく聞かれることに、
「なんで勉強するの?」という質問があります。
一般の保護者の方々も少なからず聞かれた経験があるのではないかと思います。


実は、この質問はとても本質的な質問で、
「そもそも勉強とは何か?」が十分に理解できていなければ、
明確に答えられない質問だといえます。



<中略>


勉強とは、そもそも自分が将来、社会を生き抜く上で必要なことを学ぶ為のものです。
ですから、自分が将来を生き抜く上で不可欠なものが何か?が
明確にわかなければ何を勉強する必要があるかもわからないことになります。



もう一つ大切なことは、
子ども達の限られた時間の中で(1年はわずか8760時間しかありません)何を優先的に勉強するかという順位付けです。
仮に、将来の社会を生き抜く上であまり関係のない勉強をしていると時間がなくなり、
本当に将来に必要な勉強をしないままその社会で生き抜かなければいけないという過酷な状況に陥ります。


従って、「なんで勉強するのか?」は、
まず、将来社会を生き抜く為にするということ。
その為には社会を生き抜く上で不可欠な勉強や項目に優先順位をつけておくということ。
さらに、その為にはこれからの社会がどのような状況になり何が求められるのか?を、ある程度予想するということ。
さらに、その為には現在の社会をしっかりと把握することが前提だということです。



これらのことをオンリーワンスクールは研究しつつカリキュラムを組んでおり、
子ども達の「何で勉強するの?」という問いにしっかりと答えています。
今後とも、オンリーワンスクールにご期待ください。


松保 利宗

==========================================================
西宮北口教室の教室情報はコチラをご覧ください
過去の記事一覧はコチラをご覧ください
西宮北口教室のFacebookページはコチラをご覧ください
オンリーワンスクールのHPはコチラをご覧ください
==========================================================

  


Posted by only1school  at 03:52Comments(0)子育て

2015年02月15日

自分だけの創作童話をつくってみましょう ~実際のプリント例~

オンリーワンスクールで
子供たちの発想力・構想力を伸ばすために使っている
数あるワークの内の一つをご紹介します。

是非チャレンジしてみて下さい☆

================================
【自分だけの創作童話をつくってみましょう】
================================

下記A~Fに"自分らしい"ことばや文章を入れて創作童話をつくりましょう。


ある日、空から突然(A)がふってきた。
私は(「B」)と言った。
するとその(A)は、私に向かって(「C」)と言った。
そこで私は(D)た。
するとその(A)は、私に(E)。
私は言った。(「F」)。


==========================================================
西宮北口教室の教室情報はコチラをご覧ください
過去の記事一覧はコチラをご覧ください
西宮北口教室のFacebookページはコチラをご覧ください
オンリーワンスクールのHPはコチラをご覧ください
==========================================================  


Posted by only1school  at 17:33Comments(0)実際のプリント例

2015年02月08日

【お知らせ】近畿エリア合同説明会 オンリーワンスクール

5歳以上のお子様から社会の変化に対応できる「考え方」と「能力」を身に付けて、
進学と就職、そして働くこと、生きることを一緒に考えます。


2015年2月14日(土)
●第一部:10:00~12:00 (説明会・質疑応答含む)
●第二部:12:00~13:00 (個別での質疑応答)


●センター試験廃止。これからの受験環境はどうなるの?

●子供にはなるべくいい教育環境を整えてあげたいけど、そもそも 「いい教育」ってなんだろう?

●受験メインの塾はたくさんあるけど、やっぱりそういうところに行かせた方がいいのかな?

●5歳から18歳までの一貫教育プログラムってどんなの?

●社会人も通っているそうだけど、どんな内容なの?大人にも必要なことなの?

●成人年齢の引き下げ。

●子供が社会に出るまでに、本当に身に付けていないといけない能力とは何か?


今の教育に疑問をお持ちの方も歓迎!
保護者の方だけでなく、既に塾を経営されている方、
スポーツチームをまとめておられる方、大学教授、
など様々な方が来られています。

そして、鳥取から始まったこの輪は、今、
兵庫、広島、岡山、を経て、大阪、京都、岐阜、大分、福岡、和歌山、愛知、鹿児島と、全国に広まってきています。

様々な教育方法がある中で、選択肢の一つとして
オンリーワンメソッドをご覧になってみませんか?

当日はオンリーワンスクールの創設者 松保 利宗が
直接みなさまにご説明致します。

【日時】
2015年2月14日(土)
■第一部 10:00~12:00(説明会・質疑応答含む)
■第二部 12:00~13:00(個別での質疑応答)

※第一部のみの参加も可能です。
※会場の都合によりお子様同伴での御参加ができませんことご容赦下さい。


【内容】
子供を取り巻く社会でおきている変化を含めて、
改めて「教育環境」について語りあい、
オンリーワンスクールという新しい「教育の選択肢」を知っていただく内容です。

近畿エリアの下記6教室の合同説明会です。

・北浜教室(大阪市北区西天満3丁目2-4 大三ビル307)
・大阪港区教室(大阪市港区磯路3-8-24藤和市岡ハイタウン1301)
・大阪布施教室(東大阪市足代1-11-9)
・西宮北口教室(兵庫県西宮市甲風園1丁目8-11エビータの森1F)
・神戸西教室(兵庫県神戸市西区岩岡町印路56番地)
・京都中央教室(京都府京都市上京区室町通出水上ル近衛町44 京都YWCA内)


【参加費】
無料です(お誘い合わせの上、お越し頂けると嬉しいです)

【場所】
グランフロント大阪 北館7F ナレッジサロン
(大阪市北区大深町3-1)
http://kc-i.jp/data/pdf/salon_map.pdf


【申込み方法】
下記メールアドレスか電話番号にご連絡ください。

TEL⇒ 070-5663-7787 長宗 誠(ながむね まこと)
Mail⇒ nagamune@innovators.co.jp


  


Posted by only1school  at 15:16Comments(0)お知らせ