2015年04月27日

受験激変!!これからの子供達の教育を考えるフォーラム | オンリーワンスクール西宮北口教室

参加費は無料ですface01


大学受験の大改革を筆頭に今教育分野で大きな変化が起ころうとしています。

こども達を取り巻く環境が移り変われば、
その環境の中で求められる能力も勿論変わっていきます。
この変化に取り残されないためにも
今何が起ころうとしているのかを知っておくことは非常に大切なことではないでしょうか。


そこで、この「これからの子供達の教育を考えるフォーラム」では、

・今回の大学受験改革にはどのような意味があるのか?
・大学受験は具体的にどのように変わって行くのか?
・高校受験 / 中学受験への影響は?

について
少しでも知って戴き、そして考えて戴く機会となればと考えています。


また、これからの社会変化を踏まえた上での教育方法として、
広島、鳥取、岡山、兵庫で10年以上の実績がある
5歳から18歳までの一貫教育スクール「オンリーワンスクール」が、
どのような考えでどのような教育を実施しているのかも
併せて具体的にご説明させていただきます。

これからのお子様の教育の参考になれば幸いですhappa


※オンリーワンスクールHP
http://www.onlyone21.net/


【日時】

1. 2015年5月09日(土)15:00~16:30(質疑応答含む)
2. 2015年5月17日(日)13:00~14:30(質疑応答含む)
3. 2015年5月17日(日)15:00~16:30(質疑応答含む)

※いずれの回も同内容です。
※いずれの回も定員を4名とさせて頂いております。


【内容】

・今回の大学受験改革にはどのような背景があるのか?
・大学受験は具体的にどのように変わって行くのか?
・高校受験 / 中学受験への影響は?
・オンリーワンスクールについての説明


【参加費】

無料です(お誘い合わせの上、お越し頂けると嬉しいです)


【場所】

西宮市 市民交流センター内

・5/09(土)はC会議室
・5/17(日)はF会議室

(阪急西宮北口駅から徒歩5分)

地図:コチラです


【申込み方法】

下記連絡先まで
お電話もしくはメールにてご連絡ください。


【連絡先】

・TEL:070-5663-7787
・Mail:nagamune@innovators.co.jp

担当:長宗(ながむね)まで


【主催】

オンリーワンスクール 兵庫県西宮北口教室


  


Posted by only1school  at 18:26Comments(0)お知らせ

2015年04月21日

ガングロシンデレラ | オンリーワンスクール西宮北口教室

一般的に「はみだす」ことに対しての許容度が
低すぎるような気がします。


こどもを例にとると


塗り絵をするときに綺麗に枠の中だけを塗りきろうとする。


絵を描くときに用紙からはみ出さないように書こうとする。


そんな些細なことからも
枠にはまることに慣れてしまっているこども達が多いように感じます。


もっと自由に自分らしく表現していいんやで。


そんなこども達でも導き方次第で、
枠を破る瞬間が訪れます。


初めは線一本かもしれないけど、
僕はその一本のはみ出した線に泣きそうなくらい感動します。


※このコラムをFacebookに上げた際に、
親御様から下記のようなコメントをいただきました^^


はみ出したペンに怒りそうになる私。
1本目は我慢。5本目を超えると、、、。
自由すぎると親は大変だったりします。

けれど、その成長は嬉しくて楽しくて仕方ない。

この前は、シンデレラが顔黒でビックリしました。笑。


オンリーワンスクール西宮北口教室 教室長 長宗 誠

==========================================================
西宮北口教室の教室情報はコチラをご覧ください
過去の記事一覧はコチラをご覧ください
西宮北口教室のFacebookページはコチラをご覧ください
オンリーワンスクールのHPはコチラをご覧ください
==========================================================
  


Posted by only1school  at 08:35Comments(0)コラム

2015年04月17日

知識はグーグルで検索すればいい | オンリーワンスクール西宮北口教室

ホリエモンの近畿大学の卒業生への
メッセージの中でも語られていますが、
今の常識は物凄いスピードで変化していきます。

=======================
今の常識は10年、20年先の未来には
全く通用しなくなってる可能性は非常に高いです。

努力しない人は取り残される。
これからどうしたらいいのか?

自分で情報を収集して、
自分の頭で考えて行動する力を身につけること。

そして、常識に縛られないことです。

みなさんが思っている常識は10年20年で簡単に変わり、
グローバル化によって更にそのスピードは加速して行きます。

~ 堀江貴文~
=======================


そうした中、

国際的な学習到達度調査(PISA)を行う
経済協力開発機構(OECD)の教育局長が語っている下記内容からは、


==============================
知識はグーグルで検索すればいい。
重要なのは知識を活用する能力だ。
==============================


これまでの暗記偏重の教育における常識とは大きく違う方向に
舵を切ろうとしていることがわかります。


人はもっと人間の強みを活かす方向に
向かいなさいということですね。


ロボット(上記の場合はグーグルの検索ロボット)が強みとするところは
積極的にロボットに任せていく「ロボットとの共存共栄時代」。


という一つの大きな流れを把握した上で、
人間の強みや人間らしさとは何なのかについて考え、

併せて、
今現在行われている教育について考えてみると面白いと思います。


※P.S
今後受験会場にタブレットの持ち込みが可となり試験中に検索可となったときに、
これまでの勉強内容がどのように変わるのかをイメージしていただければわかりやすいかと思います。


オンリーワンスクール西宮北口教室 教室長 長宗 誠





==========================================================
西宮北口教室の教室情報はコチラをご覧ください
過去の記事一覧はコチラをご覧ください
西宮北口教室のFacebookページはコチラをご覧ください
オンリーワンスクールのHPはコチラをご覧ください
==========================================================

  


Posted by only1school  at 16:14Comments(0)社会の変化

2015年04月14日

保護者の声#5 | オンリーワンスクール西宮北口教室

「お母さん!僕はこの食洗機の構造は~だと思う。だから一度試してみる」


自分自身の経験からもそうですが、
オンリーワンスクールでは社会で活躍する上で、
 
・「仕組み」を捉える力
・自ら「仕組み」を創れる力

の二つの力は非常に大切な力であるとして位置付けています。


そのため、
西宮北口教室ではこども達に「モノの構造や仕組み」に自然と興味が持て、
楽しみながらそれらについて考えれるよう指導しています。
 
 
本日、
小学3年生になったばかりのお子様の保護者からいただいた言葉が
非常に嬉しかったためここに記載させていただきます。

 
保護者様が新しく食洗機を購入されたばかりで、
色々と試しに触っていると食洗機の引出しが開かなくなってしまったとのこと。

そんな困っているお母さんを見て、
小学3年生になったばかりの生徒が来て
色々と食洗機の構造を興味津々に見た後に言った言葉。


「お母さん!僕はこの食洗機の構造は~だと思う。だから一度試してみる」


その結果、
見事引出しの開け閉めができるようになったとのことでした。

 
オンリーワンスクールでの学びが
日常生活でも活かされてることがわかり非常に嬉しかったです☆




==========================================================
西宮北口教室の教室情報はコチラをご覧ください
過去の記事一覧はコチラをご覧ください
西宮北口教室のFacebookページはコチラをご覧ください
オンリーワンスクールのHPはコチラをご覧ください
==========================================================  


Posted by only1school  at 21:19Comments(0)お客様の声

2015年04月05日

新大学入試における「面接」って何? | オンリーワンスクール西宮北口教室

新大学入試制度の導入タイミングが
着々と近付いてきています。

そこで、
今回は新大学入試制度における面接の位置づけについての
代表松保の記事を転載させていただきますicon01icon01


==========================================================
新大学入試における「面接」って何?
==========================================================

2020年をメドに大学センター入試が廃止され、その代わりに大学希望者テストが高校3年生のうちに2~3回行なわれるというニュースは報道されている通りです。


実は、この大学希望者テストは知識を暗記しただけでは解けないような各科目を融合した合科目型テストになるということで、知識を活用して考える力が求められます。さらに、このテストは一部記述式にもなるとのこと。例えば、記述問題は、「~について800字で述べよ」という形式で問われるものと予想されます。例えば、「日本経済の現状について」「環境悪化の現状について」などがテーマとなるかもしれません。


では、今までの暗記を中心としたテストは行なわれないのか?という点ですが、これは、高校2年生のうちに2~3回行なわれる基礎テストで主に行なわれるものと予想できます。従って、大学に入りたい高校生は高校2年で基礎テストを受け、高校3年で大学希望者テストを受けるということになります。


しかし、この大学希望者テストは、記述式の数値化が難しい為、これまでのセンター入試のように1点刻みで点数化されるものではなく、A・B・C・D・Eというような大まかな評価になるとのことです。そして、この評価の一番良いものを志望大学に提出し、各自が書類選考を待つことになりそうです。


その書類選考がこれまでのセンター入試の代わりの一次テストになるわけです。そして、その一次テストが通れば各大学ごとの二次テストになるわけですが、この二次テストの主な方法が面接・小論文・討論などになります。その中の面接ですが、面接にはいろいろな方法があり、必ず面接官に聞かれた内容について答えるものばかりではありません。例えば、「ひとつのテーマについて3分~5分でプレゼンをしてください」というようなプレゼン面接もあります。また、ひとつのテーマについて複数の学生にディスカッションをさせ、その各学生の行動を見たり、内容を評価するディスカッション面接もあります。


この場合の学生の行動を見るとは、面接官がひとつのテーマを複数の学生に投げかけた時に、どの学生が「司会進行役をします」と名乗り出るのか?面接官が学生のリーダーシップや積極性を観察する為に行なうものと言えそうです。内容については、各学生の意見がより論理的・具体的・客観的か(事実にもとづいているか?根拠があるか?)などの観点により評価されるものとなります。


このように、面接と言ってもそんなに単純で簡単なものではなく、一朝一夕に身につく力でもありません。今後、大学入試や就職において面接がますます重要な評価ポイントになる為、このような面接の力をどのように子ども達に養っていくかが大切な子育てや学習内容となります。


これまで、オンリーワンスクールでは、前述したようにさまざまな面接の状況をふまえて、小学生から高校生にかけて考える力、面接の力の基本を着実に育ててきました。ご関心のある方は、「オンリーワンスクール」で検索頂き、各地域の担当者にお尋ねください。


オンリーワンスクール 代表 松保 利宗

==========================================================
西宮北口教室の教室情報はコチラをご覧ください
過去の記事一覧はコチラをご覧ください
西宮北口教室のFacebookページはコチラをご覧ください
オンリーワンスクールのHPはコチラをご覧ください
==========================================================  


Posted by only1school  at 14:11Comments(0)受験

2015年04月02日

実践的な職業教育を行う大学創設へ | オンリーワンスクール西宮北口教室

そもそも大学には何のために行くのか?
そもそも大学って何のためにあるのか?


ってお考えになられたことありますか?


「人生の中で一番ラクで自由で楽しいディズニーランドと化してしまっている大学の存在(私自身の経験からする主観ですが)」
を問い直す具体的な動きがあるのを御存知ですか?


社会・経済界からの要望と
大学の現状とのずれを正そうとする動きです。


文部科学省は3月27日、
「実践的な職業教育を行う新たな高等教育機関の在り方について(審議まとめ)」を公表しました。
質の高い専門職業人を養成するため、実践的な職業教育を行う新たな高等教育機関を創設するよう提言しています。


※専門職業人養成の大学創設へ…文科省有識者会議が提言
http://resemom.jp/article/2015/03/30/23783.html


また、オンリーワンスクール代表松保の
この動きに関する記事も掲載させていただきますicon01


==========================================
大学・専門学校に代わる第3の教育機関「職業教育校」の提言!
==========================================

※2014年6月6日の記事ですので名称に
 最新のものと祖語がありますことご容赦ください。


先日、政府の教育再生実行会議は、2014年7月に提言する内容を発表しました。文部科学省は、この提言を受け具体的な制度設計を進めることになります。その提言の内容の一部は、小学校と中学校の義務教育9年間のカリキュラムを地域の実情に応じて弾力的に運用できる「義務教育学校」(仮称)と、高校卒業後に進学できる「職業教育校」の新たな創設です。


義務教育学校は、小中一貫校を正式に制度化するものです。一方、職業教育校は、現在の職業教育(キャリア教育)が既存の大学や専門学校では不十分だということで、キャリア教育の充実強化をはかる為に創設するというものです。これは、社会で仕事をする上で必要な物の考え方や能力、例えばコミュニケーション力や問題に対する分析力・提案力などの問題解決力が多くの大学や専門学校では十分に指導されていないという現状認識です。


従って、社会で活躍する為に必要なさまざまなことを学べる教育機関を新たにつくる必要があるということで、今回の「職業教育校」の創設という提言につながっているようです。そもそも多くの大学は、高度な研究や実験など研究者や学者を養成する為の高等教育機関であり、実社会において活躍できるビジネスマンや社会人を養成する為の専門教育機関ではなかったということが改めて浮きぼりになったということでしょう。高卒後、明確な目的もなく2人に1人が大学に進学してしまう現在の状況がおかしかったのかもしれません。


これに輪をかけたのが、大学卒でないと就職が難しいという仕組みであり、そもそも、何の為の大学なのか?自分は高度な教育の研究をする為に大学に行くのか?そうでなければなぜ大学に行くのか?という根本的な問題がひとりひとりに問われているようです。これまでの大学卒でなければ採用しないという経済界の古い慣習や考え方も大いに反省・改善すべきだと思います。


経済3団体の経団連、経済同友会、日本商工会議所は、グローバル社会における人材づくりを政府に求めているわけですが、これらの人材づくりは大学・専門学校だけでは不十分だというこれら経済界の意見も、今回の「職業教育校」創設の提言につながったのではないかと考えます。


どちらにしても、何の為に学ぶのか?ということをよく考えた上で進路を決定する必要性がこれまで以上に出てきたわけです。本来、何の為に学ぶか?は、一部の研究者を除けば、一般社会や企業において必要な物の考え方や能力を身につけ自立した人間をめざし世の中を生き抜く為に重要なことを習得する為でしょう。単なる大学のブランドや資格取得の為に大学や専門学校で学ぶわけではないということを改めて確認できる今回の提言ではないかと思います。


オンリーワンスクール代表 松保 利宗




==========================================================
西宮北口教室の教室情報はコチラをご覧ください
過去の記事一覧はコチラをご覧ください
西宮北口教室のFacebookページはコチラをご覧ください
オンリーワンスクールのHPはコチラをご覧ください
==========================================================  


Posted by only1school  at 23:36Comments(0)社会の変化