2016年03月17日

【コラム】これからの「まじめで勤勉」の意味とは何だろう? | オンリーワンスクール西宮北口教室


 外国から見て日本人は、これまでよく「まじめで勤勉」だと言われてきました。特に戦後、奇跡の復興から高度経済成長期の頃はよく言われていたように思います。その後、バブルが崩壊し、失われた20年、現在まで含めば25年になるわけですが、なかなか経済が上向かない状況が続いています。


 そんな折、日本を代表する家電メーカー「シャープ」の問題を含め、アジアの中での日本の存在感さえ危うくなりつつあるのか?と思わざるを得ないニュースもあります。


 そもそも、日本人は「まじめで勤勉」と言われていたのになぜだろうと考えてみると、意外なことが見えてくるのではないか?と私は思います。というのも、この「まじめ」ということばの意味は、おそらく「指示されたことを従順に行うこと」というニュアンスが多く含まれているように感じます。


 先日、ブログにも書いた、元ワールドカップ日本ラグビーコーチのエディー・ジョーンズ氏も、このような内容のコメントをしていました。つまり、従順さだけではなかなか上位にはいけないということでしょう。


 又、「勤勉」という意味をまず辞書で調べると、「一生懸命に精を出してはげむこと」とあります。つまり、「まじめで勤勉」の意味が、もし指示されたことを従順に一生懸命するという意味になるのであれば、それだけでは現代社会を生き抜けないのは周知の通りです。なぜなら、指示を出されても本当にそれが今の時代に合っているのか?本当に必要なことなのか?もっと重要なことを先にする必要があるのではないか?など、状況に応じて考えなければいけないことがたくさんあるからです。


 以前の高度経済成長の時には、大量生産、大量消費の方程式が存在しました。それは、日本中がもの不足だったからです。しかし、現代はものが豊富にある時代。さらに、欲しいものもあまりない時代とも言われています。従って、世の中はどんな新しいサービスや商品を求めているのか?ということが重要なわけですが、今まで通りの前例や成功体験のまま指示が出た場合、その指示を従順に行うだけでは状況は悪化することは容易に想像できます。


 つまり、これまでの「まじめで勤勉」ということばを、「指示されたことを従順に一生懸命する」という意味から違う意味に変える必要があるのではないかと私は考えています。その為には、世の中をしっかりと把握し分析し、何が求められているか?を発見し、必要な商品やサービスを提供する為に一生懸命精を出す(仕事をする)ことこそが、これからの日本人にとって必要な「まじめで勤勉」ではないかと思うのです。


 まじめに世の中の状況を分析し、必要とされているものを勤勉に研究し、タイムリーにお客様に提供できる人材こそ、これからを生き抜いていく上での「まじめで勤勉」な人材だと私は思っており、オンリーワンスクールでめざす人物像と重なります。


オンリーワンスクール 代表 松保 利宗


==========================================
西宮北口教室の教室情報はコチラをご覧ください
過去の記事一覧はコチラをご覧ください
西宮北口教室のFacebookページはコチラをご覧ください
オンリーワンスクールのHPはコチラをご覧ください
==========================================
  


Posted by only1school  at 13:09Comments(0)コラム

2016年03月08日

【記事】4年後めどにデジタル教科書 導入へ | オンリーワンスクール西宮北口教室


※4年後めどにデジタル教科書 導入へ(NHK NEWS WEB)より転載※

タブレット端末などを使って動画や音声も活用しながら子どもたちが学ぶことができる「デジタル教科書」について、文部科学省の有識者会議は4年後をめどに全国の小中学校と高校の教育現場に導入する方針を固めました。


デジタル教科書は、通常、紙の教科書で教えている内容を、タブレット端末などを使って教えるもので、動画や音声を使うことで英語のヒアリングなどで学習の幅が広がるほか、文字や図を大きく表示する機能があることなどから障害のある子どもなどに細かい配慮ができるといったメリットがあります。


このデジタル教科書について文部科学省は有識者会議を設けて検討してきましたが、4年後をめどに全国の小中学校と高校の教育現場に導入する方針を固めました。具体的には、子どもたちに1台ずつ端末を用意して教えることを想定していますが「『書く力』や『考える力』の充実には従来の紙の教科書も必要だ」という意見もあることなどから、当面は紙の教科書とデジタル教科書を併用し、部分的にデジタル教科書だけを使った教科の履修も認めるということです。


一方で、学校によっては必要な端末の機器やネットワーク環境の設備などが整っていないところもあり、今後も対策の検討が必要だということです。有識者会議は来月の会合で議論をまとめる方針で、これを踏まえて文部科学省が準備を進めることになります。



==========================================
西宮北口教室の教室情報はコチラをご覧ください
過去の記事一覧はコチラをご覧ください
西宮北口教室のFacebookページはコチラをご覧ください
オンリーワンスクールのHPはコチラをご覧ください
==========================================
  


Posted by only1school  at 12:45Comments(0)記事転載

2016年03月08日

【コラム】情報交換ネットワークのすすめ | オンリーワンスクール西宮北口教室


 2020年から始まる新大学入試の全体像が少しずつ見えてきました。今までのセンター入試(旧マークシート型)が廃止され新しく「記述式」が導入されたり、マークシートも新しい考え方(科目を融合した問題や正解を複数選んだりする方式)となるようです。


 これは、2015年12月23日の記述式の具体例の発表や、2016年2月18日に新マークシート型の問題具体例として各新聞紙上に発表されました。一言で言うと、新大学入試は今までのセンター入試のように、ただ暗記をしただけでは解けない問題だということが共通しています。つまり、問題をよく読んで理解した上で、自分のことばで表現したり、複数の答えを導く力が問われるわけです。


 もし、このような新しい問題になることを知らなければ、子ども達は適切な学習ができないまま2020年を迎えることになるかもしれません。仮に、テレビで今回の新聞のように詳しい問題例を取り上げるとなると相当な時間を要すると考えられ、おそらく今回の内容はテレビニュースにはむいていないでしょう。


 ということは、新聞記事を丁寧に読んでいなければ気づかなかったということで、かなり重要な情報やニュースでありながら、それらを知らないまますぎてしまうというのが現代の落とし穴となっていると感じます。


 もし、このような重要な情報を学校も塾も教えてくれないとしたら、子ども達は2020年に大きく変わる入試に対応できないまま直面し、かなり困惑することでしょう。


 そこで、これまでは誰かが大事な教育情報は必ず教えてくれるものだと思っていた意識を、重要な事実や情報は自分で積極的に取りにいくという考え方に改めていったほうが良いのだろうと私は最近思います。


 なぜなら、現代のように世界中の情報が手に入りやすくなった社会ではあまりにも多くの情報があふれ、丁寧にひとつひとつの情報を報道機関が提供していけないからです。従って、特に自分の家庭や子育てに関する教育の情報は、積極的に自ら取り入れるという姿勢が重要になります。


 今回の新大学入試マークシート例の新聞記事は、2月18日に掲載されていますが、もし見落としていれば知る機会を失っていたかもしれません。これらがいわゆる「情報格差」です。こんな時、親しい人同士がお互いの情報交換を行えば、少しでも知らなかったというリスクを減らすことができるでしょう。


 現代のような情報化時代には特に双方向でネットワークを組み、重要な情報を教え合うことが大切になるのだと思います。みなさんにも重要な情報交換ネットワークをしっかりとつくられることをおすすめします。


オンリーワンスクール代表 松保 利宗



==========================================
西宮北口教室の教室情報はコチラをご覧ください
過去の記事一覧はコチラをご覧ください
西宮北口教室のFacebookページはコチラをご覧ください
オンリーワンスクールのHPはコチラをご覧ください
==========================================
  


Posted by only1school  at 12:43Comments(0)コラム

2016年03月04日

【お客様の声】スクールに通うお客様の声 ⑤ | オンリーワンスクール西宮北口教室

兵庫 西宮北口教室 ファミリーコース会員様

これからの時代を生きるには何が必要か?物事に対する本質的な捉え方、考え方、そのためにはどうすべきかを一から楽しく学ばせていただいています。何事にもバランスが大切であるということですが、
自分がとても偏った世界のなかで考え生きてきたということを痛感しています。変化し続ける社会に少しでも対応出来るように、これからも親子ともにオンリーワンスクールで学び続けたいと思っている今日この頃です。


大阪 西九条教室 ジュニアコース 小3女子の保護者様

オンリーワンスクールに通い出して、早4ヶ月が経ちました。何を言っても「分からない」と言っていた子供が、まず、他人の話をしっかりと聴くようになりました。そして、少しずつですが自分なりに考え、調べ、自分なりに意見を言えるようになりました。オンリーワンスクールは受験にも役立ちますが、大切な人としての成長も実感します。今後とも、よろしくお願いします。


京都 太秦教室 ジュニアコース 高1女子の会員様

オンリーワンスクールは私にとって将来、生きていく上でとても大切なものです。一番身近なテーマは「選挙」で、今までは遠いものだったのが近いものになりました。世の中の仕組みも全くわからない私は、日本の政治や選挙・世の中の仕組みなどを楽しくオンリーワンで学んでいます。これからの日本を背負っていく私達にとって、日々変化する社会に対応していく為に、オンリーワンスクールは必要な学習スペースだと思います。


大阪 布施教室 ジュニアコース 中1男子の保護者様

あともう少しでオンリーワンに通い始めて、1年になります。コツコツと少しずつの学びが大きな学びになってきたと感じています。オンリーワンスクール、阿部先生に出会えた事に感謝しています。私も子どもの心に戻ってオンリーワンに通いたいと思っています。ああ、我が子がうらやましい(笑)今後も子どもと共に学んでいきます!


==========================================
西宮北口教室の教室情報はコチラをご覧ください
過去の記事一覧はコチラをご覧ください
西宮北口教室のFacebookページはコチラをご覧ください
オンリーワンスクールのHPはコチラをご覧ください
==========================================
  


Posted by only1school  at 14:39Comments(0)お客様の声