2014年10月22日

幼少期からの英語教育について考える | オンリーワンスクール(兵庫県)西宮北口教室

オンリーワンスクール西宮北口教室
教室長の長宗です。


「英語さえできればグローバル化時代を生き抜ける!」
とでも聞こえるかのように


幼少期からのこども達への英語教育が極端に熱を帯びていますが、
今一度冷静に考えてみて欲しいのです。


日本人が英語を話をするときの流れは、
以下の(1)→(2)→(3)という流れで行われます。


(1)日本語で考えを組み立てたり・意見を作る (日本語力)
 ↓
(2)頭の中で英語に翻訳する (英語力)
 ↓
(3)英語で話をする (英語力)



ここからわかりますように、
英語という道具を使いこなすためには
母国語の日本語力が前提にないと
そもそも何も話せないということになってしまいます。


(翻訳するオオモトのセリフを作れない訳ですから。)


私は、
今の幼少期からの英語教育に対する過剰な熱に対して
この点を最も危惧しています。


「英語さえできればグローバル化時代を生き抜ける」という
キャッチフレーズに踊らされると、


肝心の日本語力がおろそかになってしまい、
グローバル化社会どころか国内においてさえも
コミュニケーションが取れない人材となってしまいます。


考えるエンジンとしての日本語力(母国語力)、
コミュニケーションの道具としての英語力



お子様に幼少期からの英語教育を受けさせるならば、
この点をおさえた上で是非バランスよく時間を配分してあげてください。


オンリーワンスクールでは、
漢字や熟語を多く知っている等の知識ではなく、
日本語の活用力に関しても力を入れて指導しています。


==========================================================
西宮北口教室の教室情報はコチラをご覧ください
過去の記事一覧はコチラをご覧ください
西宮北口教室のFacebookページはコチラをご覧ください
オンリーワンスクールのHPはコチラをご覧ください
==========================================================



同じカテゴリー(英語教育)の記事画像
土壇場でつかんだ英語克服術 | オンリーワンスクール西宮北口教室
同じカテゴリー(英語教育)の記事
 土壇場でつかんだ英語克服術 | オンリーワンスクール西宮北口教室 (2015-03-19 13:20)

Posted by only1school  at 16:45 │Comments(0)英語教育

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。