2015年07月08日

これからの社会を生き抜く力とは? | オンリーワンスクール西宮北口教室

オンリーワンスクール本部ブログより

http://www.onlyone21.net/
2015/07/03

<転載開始>

これからの社会を生き抜く力とは?

ある調査会社が幼稚園年長から小学4年生までの子どもを持つ母親1,500名に対して行なった意識調査で、興味深い結果が出ています。それは、子どもの教育において重視している価値観についての調査で、「社会を生き抜く力」が重要だと回答した母親が93.7%にのぼったというのです。


これは、勉強ができたり受験を勝ち抜くことに価値があるといった6.3%に対しての数字です。かつては、勉強ができれば社会で活躍できるという神話がありました。しかし、100名で93人もの母親が、勉強や受験より社会を生き抜く本来の力や学力を重視しているという結果をみなさんはどのようにお感じになるでしょうか?


この93.7%にはいろいろな背景や理由が考えられると思いますが、私の意見を少し述べたいと思います。その背景や理由のひとつに、昨今の女性の社会進出により母親も働く人が増え、実社会で働いている人物と学歴や偏差値との関係を直接見聞きすることが増えた影響ではないでしょうか?


私は、各地域でいろいろな人たちとお話をする機会が多いわけですが、有名な学校を卒業していることと社会で活躍することに、あまり関係性がないのではないか?と指摘される方が最近、特に増えてきたように思います。今回のアンケート調査対象のように、若い母親の方々ではそのような意見が多く聞かれるようになりました。


そう言えば、最近の一連の教育改革の中で、このような意見やアンケート結果を裏付ける発表がありました。それは、2020年の「センター入試廃止」や「職業教育学校の新設」です。これまでの大学入試がマークシート4択式や知識偏重で、ひとりひとりのしっかりした思考力や社会性を十分に育成してこなかったという分析から、2020年からの新大学入試は活用力を重視したものに変えるという発表です。つまり、先ほどの有名な学校に行けば社会で活躍できるとは言えないという点と符合します。


一方、その改革より1年早く、2019年からの職業教育学校の新設も、これまでの大学教育が社会で活躍できるだけの人材を十分に育成できたとは言えないという国の見解から、実社会で有用な即戦力の人材をつくろうと政府と経済界が中心となって同校を各地に設立するという発表です。これも、前述したのと同様に、有名校=社会で活躍できるという方程式が成立しないという一例でしょう。


このように、最近の多くの母親のみなさんの考え方が、何がこれからの社会を生き抜く力や学力なのか?を模索し始めているというのが現状だろうと推察できます。


実は、このような要望にお答えすべくオンリーワンスクールでは、10年以上前からこれからの社会を生き抜く力を人間の「4つのスキルバランス」として提案し、各地域で人材を育成してきました。この「4つのスキル」とは、①価値観(ものの見方・考え方など)、②人間性、③活用力(思考力、表現力、分析力など)、④知識・情報です。


これら①~④をバランスよく小学生から育てる為、これまでオンリーワン独自の「自立一貫プログラム」を用いて5才から18才まで一歩一歩、社会を生き抜く力を育ててきたのです。関心のある方は、各地域のオンリーワン事業部へお気軽にお問い合わせください。


<転載終了>


==========================================================
西宮北口教室の教室情報はコチラをご覧ください
過去の記事一覧はコチラをご覧ください
西宮北口教室のFacebookページはコチラをご覧ください
オンリーワンスクールのHPはコチラをご覧ください
==========================================================






同じカテゴリー(スクールの特徴)の記事
 25個の"ものの考え方” -18歳までの必修ワード | オンリーワンスクール西宮北口教室 (2014-10-20 16:20)
 25個の能力-18歳までの必修ワード| オンリーワンスクール西宮北口教室 (2014-10-19 19:58)

Posted by only1school  at 12:02 │Comments(0)スクールの特徴子育て社会の変化

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。