2016年01月31日

【コラム】教育は「アクティブラーニング」の時代へ | オンリーワンスクール西宮北口教室

 最近、「アクティブラーニング」の話題を多く耳にするようになりました。この「アクティブラーニング」は、次回の指導要項に盛り込まれる予定で、文字通り、「アクティブにラーニング(学ぶ)」の意味です。

 具体的に言うと、今までは、学校教育を中心に、先生・教師が生徒に対して主に一方通行で黒板に板書したり教えたりということが多かったわけですが、「アクティブラーニング」は、これとは反対に、生徒が主役となり、生徒自らが小グループに分かれ、ひとつのテーマについて主体的に話し合いやプレゼンテーションなどを通じて学び合います。

 従って、「アクティブラーニング」における先生の役割は、それぞれのチームに対して適切なアドバイスや指示を出すことが求められます。言い換えれば、先生は、これまでの主役から「えんの下の力もち」に徹するということです。

 とは言っても、これまで学校を中心に一方通行の授業が多かったわけですから、急にこのような授業がうまくいくとは思えません。東京では、小~高校の先生方が自主的に有料の「アクティブラーニング」研修会に参加しているとの情報もあります。又、「アクティブラーニング」関連の書籍も、書店のコーナーに多く見られるようになりました。

 私は、このような状況になってきたことを嬉しく思っています。なぜなら、子ども達が自分らしい考えや意見・個性などを、今まで以上に発揮できるようになり、又、ひとりひとりの多様性や他者から違う考えが学べることから、人間の器を広げることができ、人間的成長につながると考えるからです。

 今までの一方通行になりがちな授業から、「アクティブラーニング」の授業を通じて、生徒ひとりひとりが個性的で多様な人格を認め合える社会の一歩が生まれてほしいものです。これらの多様性は、これからのグローバル社会で生きる子ども達に不可欠な考え方であり、日本人からひとりでも多くのグローバル人材が育つきっかけになってくれればと思います。

 実は、現代の日本では、前述の「アクティブラーニング」の他にも多くの教育改革が進行中です。例えば、大学生のレベルを根本的に見直す為、2020年をメドにセンター入試を廃止し、記述問題や面接・小論文・討論などを重視する入試に変えるというニュースです。

 これは、偏差値さえ高ければ大学生になれるという今までのしくみを改め、自分の考えや意見をしっかりと持った学生こそ、本来の大学生のレベルにふさわしいというしくみに改めようという動きだと言えます。今後、「アクティブラーニング」で育った小・中学生が、しっかりと自分の考えを持ち、その力を記述・面接・小論文・討論などの新大学入試で存分に発揮することでしょう。

 つまり、国は、偏差値重視の考え方から、本来の高度で学習意欲があり、自分の考えをしっかりと持った大学生をより多く生み出すことが日本の発展への道となり、将来の日本を引っ張っていく人材なのだと方針転換をしたのでしょう。

 このような小学校からのアクティブラーニングから新しい大学入試までの一貫性のある教育改革に、大いに期待したいものです。


オンリーワンスクール代表 松保 利宗




同じカテゴリー(コラム)の記事画像
学ぶことの楽しさ | オンリーワンスクール西宮北口教室
同じカテゴリー(コラム)の記事
 【コラム】これからの「まじめで勤勉」の意味とは何だろう? | オンリーワンスクール西宮北口教室 (2016-03-17 13:09)
 【コラム】情報交換ネットワークのすすめ | オンリーワンスクール西宮北口教室 (2016-03-08 12:43)
 【お客様の声】スクールに通うお客様の声 ④ | オンリーワンスクール西宮北口教室 (2016-02-12 19:10)
 「子どもの潜在力を引き出す親」はここが違う ~やる気を出させる秘訣は環境のデザイン~ (2016-02-03 14:22)
 【コラム】政府の産業競争力会議におけるこれからの教育と「人材育成方針」とは? | オンリーワンスクール西宮北口教室 (2016-01-28 14:31)
 学ぶことの楽しさ | オンリーワンスクール西宮北口教室 (2015-05-26 22:21)

Posted by only1school  at 14:22 │Comments(0)コラム

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。